アライグマの駆除を依頼する|害獣ストッパー

男性

蜂の退治や蜂の巣の撤去

男性

道具の貸し出しや助成金

蜂は、種類にもよるのですが、刺激を受けることで人間に危害を加えるようになります。特に住宅の軒天などに蜂の巣が作られた場合には、その付近の窓を開閉するだけで蜂にとっては刺激となり、襲ってくることがあります。したがってそのような場合には、蜂の巣を撤去することで、蜂を退治する必要があります。 蜂の中でも特にスズメバチは、攻撃的な性格をしている上、強い毒を持っているため、速やかに退治することが大事です。自治体によっては、退治に必要な殺虫剤や防護服などの貸し出しをおこなっていて、その場合は、申請することでそれらを無料で利用できます。もちろん駆除業者に依頼することもできますし、その場合にも自治体の制度によっては助成金の受け取りが可能です。

種類を見極めてから退治

ただし蜂は、種類によっては退治や巣の撤去をしなくても済む場合もあります。たとえばアシナガバチは、比較的おとなしい性格をしていて、過度に刺激を与えなければ襲ってくることはありません。また、巣作りがおこなわれたとしても、その蜂の巣の寿命は約1年なので、被害が長期的に続くことはないのです。したがって、生活に支障を来たすほどでなければ、退治も撤去も必要ない場合が多いです。 しかしスズメバチは、先述したように危険な蜂なので、被害を防ぐためには慎重な対応が必要になります。スズメバチは日中は蜂の巣から外に出て、夕方になると帰巣してきます。そのため夕方以降に巣の撤去をおこなうと、そこに住んでいるスズメバチのほとんど全てを退治することができます。 このように蜂の退治は、種類を見極めておこなうことが大事なのです。

Copyright© 2016 アライグマの駆除を依頼する|害獣ストッパー All Rights Reserved.