アライグマの駆除を依頼する|害獣ストッパー

男性

ネズミの対策

困っている女性

ネズミの対策

ネズミが建屋の中にいると、様々な弊害が生まれてきます。まず、最初に存在に気が付く大きな要因は、食害が発生するということです。袋が何かに引きちぎられたような状態になったり、中身がこぼれていたりする場合にはネズミの可能性が疑われます。また、独特の形状の糞が落ちていれば、ネズミの可能性が高くなってきます。こうしたネズミの被害の対策としては、市販の商品が多く販売されています。ドラッグストアなどでは、さまざまな状況を考慮したネズミ対策用の商品があり、粘着シートを利用したものや、毒餌、捕獲用の檻などが用意されています。それらを状況によって使い分けることで、ネズミを捕獲し、駆除することができるようになっています。

再発を防ぐ

このようなグッズは、その場からネズミを撃退するには非常に有効ですが、再発防止の観点から見た場合には、さらなる対策が必要になってきます。というのも、ネズミは外部から侵入してくることが多く、その侵入口を塞いでおかなければ、再度別の個体が侵入してきて、被害をもたらすことになるのです。従って、侵入口を発見、対処するためにも、専門業者に点検をしてもらうこともよい方法の一つです。一般の人では思いつかないような個所の点検も行うことから、これまで気が付かなかった侵入口の特定をすることができることも少なくないのです。そうして、侵入口をふさいでおくことができれば、再発防止ができ、ねずみ被害を受けることもなくなり、根本対策となりえるのです。

Copyright© 2016 アライグマの駆除を依頼する|害獣ストッパー All Rights Reserved.